商標登録におけるメリットが知りたい

商標登録に登録した際のメリットって一体何!?登録するのとしないのでは何が違うの? - 商標登録を弁理士に依頼するメリット

商標登録を弁理士に依頼するメリット

登録商標を出願することは、弁理士に依頼しなくとも可能です。出願したい商標と似た商標がないかを特許電子図書館で検索しご自身が出願する範囲に同様のものがないかどうかを調べ、書類を作成して郵送もしくは特許庁で直接手続きを行います。
こうしてプロセスだけを簡単に追って書いてみると、意外と自分でも出来てしまうのでは?と思ってしまいますね。
ですが出願前の商標や役務の選択範囲が適切でなかったり、十分な調査が行われない上での出願などのリスクを追い、時として専門家でも判断が難しい出願時の手続きをクリアしなければならないのです。
書類作成のセオリー、出願の判断を経験を積んだ特許事務所の弁理士が行うことで、質の高い準備がなされ、商標や役務の選択の適切な選択などでの基本的な不手際は回避できます。
多くの特許事務所は「成功報酬」という形をとっているので、不慣れな個人で出願し拒絶されてしまい費用が無駄になってしまうことは避けられます。
事前の商標調査が無料な特許事務所も多く、規模の大きい事務所に依頼すれば類似の判断は複数の弁理士によってなされるため、精度の高い出願が可能です。
弁理士に依頼することで拒絶時の対応、商標の期限管理などといったサポートもついてきます。登録された後の類似登録の際の申し立てといった専門家によるプロテクションも大きなメリットと言えるでしょう。
作り上げたご自身の商品やサービスは大切な知的財産です。専門家のノウハウを生かし、権利を守るという選択が後の発展につながるのではないでしょうか。

関連する記事

  ← 前の記事:
  
:次の記事 →