商標登録におけるメリットが知りたい

商標登録に登録した際のメリットって一体何!?登録するのとしないのでは何が違うの? - 商標登録の重要性

商標登録の重要性

経済活動の健全性を維持するルールとして、消費者に分かりやすい目印として…産業財産権として、商標は特許庁で管理されている知的財産権のひとつです。
著作権、特許、実用新案などの産業財産権の中で最も強力な権利であり、商標権者のみが独占的に使用できます。
商標の一番の目的は、商品の識別をはっきり消費者に区別し、その商品のクオリティをひとめで示すことができる大切な財産です。もし類似のマークやサービスが存在しその品質が低いものであったなら、商標権を持っている本物のメーカーは深刻なダメージを負ってしまいかねません。
粗悪な類似品それまで築いてきた信頼や、企業努力が台無しになってしまうことや、オリジナリティを侵されてしまうことは経済活動において大きな痛手となってしまいます。
だからこそ商標権は強力な効力をもつ権利として国に認められているのです。昨今のインターネット上でのビジネスにおいても類似品を排除し「オリジナルであること」をはっきり消費者に提示することは重要と言えます。
商品名が社名を含んでいたり、社名そのものでサービスを提供するケースである場合、会社名を商標登録することが必要です。
もし他人に同じ商標登録されてしまった場合、社名を記した看板や広告、ホームページなどあらゆるものの変更を余儀なくされ、大きな損害になってしまいます。会社名は同じ会社名は登録が可能です(完全に同じ住所でない限り)しかし商標登録において登録できる会社名は全国で1社に限られています。
サービスに会社名を含んだ場合の登録の重要性と、この権利がなぜ強力なのかが垣間見えてきますね。企業イメージに直結する看板は独占しておく必要があるのです。

関連する記事