商標登録におけるメリットが知りたい

商標登録に登録した際のメリットって一体何!?登録するのとしないのでは何が違うの? - 商標登録の基礎を知っておこう

商標登録の基礎を知っておこう

商標登録する事の意味とは?登録したらどんなメリットがあるの?といった基礎を知っておきましょう。
商標権とは商標法で定められた、商標を登録することでそれの使用者にあたえられる独占的な権利のことで、特許庁に出願し、審査のうえ通過することで得られます。
例を挙げると、みなさんご存じの赤を基調としたデザインで世界中で愛されている炭酸飲料の商品名が商標です。他の類似品とはっきり区別することで、品質が保証されたブランドとしての区別をはっきりさせ、付加価値を消費者にアピールすることができているのです。
商標権が発生した商標を登録商標といい、その権利者は指定した商品、役務(サービス名)において独占的に使用できます。それと認識できる文字、図形、記号、形状。商品販売ではその商品とその包装が該当します。
役務の商標はそのサービスに使用される物や電磁的方法で行う映像面に付して使用となっており、どちらも先に登録してしまえば他者は使用できなくなります。
もし同じ名前を使用した商品やサービスがあった場合、商標権者にはそれを差し止めることが可能で、侵害し続けた場合などは賠償請求もできます。先に登録しておく事で、同様な商標を使った他人、他社から心外な差し止めや損害賠償を求められたりといった事態を未然に防ぐこともできるのです。
他にも登録した商品やサービスの権利を守る幅広いメリットが発生するため、年間の商標出願者数は10万件をこえます。企業の規模も関係なく、個人の出願者もおり、商標登録の重要性が垣間見えます。

関連する記事