商標登録におけるメリットが知りたい

商標登録に登録した際のメリットって一体何!?登録するのとしないのでは何が違うの? - 商標登録のメリット

商標登録のメリット

企業が商品やサービスを提供する場合、それをイメージするロゴや商標は欠かすことができません。逆にイメージを的確に表現した商標があれば、消費者に浸透させることも難しくはないでしょう。親しみやすさを込めたもの、また洗練された近未来的なものなど、様々な商標が存在します。
こうした商標は、基本的に商標登録してから使用することになります。むしろ商標登録は必要不可欠とも呼べるものです。しかし、商標登録は手続きに時間がかかりますし、決して簡単に、というわけにはいきません。そのため、商標登録が面倒になる場合も中にはあるでしょう。
でも商標登録をしないと様々なデメリットを生むことになります。逆に生まれるメリットも非常に多くあります。まず挙げられるメリットがイメージの定着でしょう。商標登録しておけば自由に使うことができますので、広告やポスター・パンフレットなど様々な媒体でアピール可能です。新商品や新サービスを立ち上げたのなら宣伝は必要不可欠な要素でしょう。
1rgrgdfg
また、商標登録することにより、権利者を明確にすることができます。商標登録されていないと、同じロゴやイメージを別の企業が使ってしまうことがあるかもしれません。もしライバルが先に商標登録してしまうと、今度は自社で使うことができなくなります。使用を巡って裁判になることもあるでしょう。こうしたトラブルなどを避けるために、権利者を明確にする必要があるのです。商標登録すれば商標権が発生しますので、権利を主張することができます。
商標登録は企業にとって必要不可欠なものです。しかし、初めて商標登録に挑戦する企業にとっては、分からないことだらけではないでしょうか?特に悩まされるのが商標登録の方法だと思います。どこに申請すればよいのか、何をすれば良いのかなど、悩みの種は尽きません。ですが、大まかな流れはとても簡単ですので、しっかり覚えてしまいましょう。
まず商標登録を申請する場所ですが、管轄の特許庁へ商標登録願を提出する必要があります。一定のフォーマットに従えば自社で作成してもかまいません。代行業者もあるので、難しいと感じたら申請を代行してもらうのも良いでしょう。

特許庁に登録願を提出すれば、次に始まるのが審査です。審査では様々な点を見られますが、基本的に書類の不備や方式などを審査されます。それと同時に、商標登録の出願情報が公開されますが、申請から1〜2ヶ月ほど時間を要します。最初の方式審査に合格すれば、次におこなわれるのが実態審査です。そして実態審査を通過後は登録され胃があり、無事認可されると正式に商標登録となります。
申請から実際に商標登録されるまでの期間は半年〜8ヶ月程度必要です。ただし、この場合は書類に不備が無く、なおかつ審査を全て通過した場合の大まかな目安となっています。もし書類の不備があった場合や、何らかの自由で審査に通らなかった場合はさらに時間がかかります。申請から商標登録までの期間は1年ほどを見積もっておくのが良いでしょう。